過酷、月378時間残業に波紋/政府コロナ対策推進室

 内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室の残業時間
 内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室の残業時間
内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室で月間最長378時間に及ぶ残業が判明し、過酷な業務が波紋を呼んでいる。所管する西村康稔経済再生担当相は謝罪に追い込まれた。西村氏が経済界に厳しい口調でテレワークを要請する一方、推進室は昨年11月から.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録