【震災10年・地域と原子力】(4)野﨑尚文大間町長

避難路の整備促進を求める野崎尚文町長
避難路の整備促進を求める野崎尚文町長
―避難路の整備状況について。 大間、風間浦、佐井の3町村でつくる「大間原発三ケ町村協議会」として長年、下北地域広域避難路の整備促進を求めてきた。 3町村を通る国道279号のバイパスについて、青森県は大間町側で農道の延伸を進めている。道幅が狭.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録