Free「八戸前沖38ウイーク」で限定メニュー提供/エイトベース

せんべい汁付きの「王鯖トリオ定食」をPRする高橋泰恵さん=9日、東京・内幸町
せんべい汁付きの「王鯖トリオ定食」をPRする高橋泰恵さん=9日、東京・内幸町

限定メニューの提供などを通じて首都圏に八戸前沖さばをPRする「八戸前沖38(さば)ウィーク」が、東京・内幸町の八戸都市圏交流プラザ「8base(エイトベース)で始まり、来店客が八戸を代表する食の魅力に触れている。14日まで。

 八戸前沖さばブランド推進協議会(横町俊明会長)が、サバの語呂に合わせて3月8日から開催。王道の食べ方である串焼き、締めさば、棒ずしを一度に楽しめる「王鯖トリオ定食」(税込み1200円)とオプションでせんべい汁が付くセット(1400円)、地酒3種セット(2200円)の三つを用意した。

 定食や店頭販売の前沖さば加工品を購入し、アンケートに答えた人の中から抽選で80人に前沖さばの詰め合わせセットを贈呈する。また店内では、第93回選抜高校野球大会に出場する青森県立八戸西高を応援する募金箱も設置した。

 八戸市出身のおかみ、高橋泰恵さんは「これまで単品メニューはあったが、1人で来店しても一度に3品を楽しめるお得さが売り。都内の人も食べたら絶対にファンになる自信がある」と話し、母校の甲子園初出場に「卒業生だけではなく地元が一体となって、そして東京からも応援している。ぜひ頑張ってほしい」とエールを送った。

お気に入り登録