【原発事故10年】生徒に判断の「物差し」を 生徒に独自の放射線教育

 放射線の授業を行う福島県立安積高の千葉惇教諭=2月、福島県郡山市
 放射線の授業を行う福島県立安積高の千葉惇教諭=2月、福島県郡山市
放射線の正しい知識を高校生に身に付けてほしいと、福島県で独自の授業を続ける高校教諭がいる。県立安積高(郡山市)の物理教諭、千葉惇さん(34)。「放射線はどこからが危険なのか自分で判断できる物差しを作ってあげたい」と話す。 授業ではアルファ線.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録