【震災10年・地域と原子力】(3)宮下宗一郎むつ市長

立地地域の負担について説明する宮下宗一郎市長
立地地域の負担について説明する宮下宗一郎市長
―東京電力福島第1原発事故をどう捉える。 原発で水素爆発が起きている中、国土交通省職員としてフランスへ出張した。パリで「日本が大変なことになっている」と言われてテレビをつけると、全世界のニュースを報じるチャンネルが事故の映像を1日中流してい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録