【中間貯蔵共用案】「事業の有益性否定しない」菊池県議が持論

使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)の電力各社による共同利用案を巡り、菊池憲太郎議員(自民)=同市選挙区=が8日の青森県議会定例会一般質問で、「(共用案は)中間貯蔵の意義や事業の有益性を全くもって否定するものではない」と地域振興への期待にじ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録