日米蔵元「SAKE」対話 震災、コロナ禍乗り越え

 2020年2月、米ワシントンで開かれた会合で日本酒を振る舞う久慈浩介さん(左)(本人提供)
 2020年2月、米ワシントンで開かれた会合で日本酒を振る舞う久慈浩介さん(左)(本人提供)
日本と米国の蔵元が酒造りの魅力を語り合う新たな取り組み「SAKE対話」を始めた。新型コロナウイルスの流行で需要が激減した米国で、オンライン企画を通じて清酒の良さをアピール。東日本大震災で被害を受けた蔵元も参加し、逆境をはねのけようと誓った。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録