Freeコラボ第3弾「11ぴきのねこバッグ」販売開始

松尾和彦町長(中央)に新商品を贈る橋本正俊局長(左)。商品は右からデイパック、ボディーバッグ、ショルダーバッグ
松尾和彦町長(中央)に新商品を贈る橋本正俊局長(左)。商品は右からデイパック、ボディーバッグ、ショルダーバッグ

三戸町出身の漫画家、故馬場のぼるさんの人気絵本シリーズ「11ぴきのねこ」と、米国発祥でバッグなどのブランドとして知られる「アウトドアプロダクツ」のコラボ商品第3弾が、青森県内を中心に東北地方の郵便局で販売された。今回はデイパック、ショルダーバッグ、ボディーバッグ(ウエストポーチ)の3種類。春らしいアースカラーの色合いで、シリーズ第4作「11ぴきのねこ ふくろのなか」で遠足に出掛けるねこたちの絵がプリントされている。

 コラボ商品は三戸郵便局(橋本正俊局長)が企画し、日本郵便東北支社(仙台市)、キャラクターグッズを手掛ける「エンスカイ」(埼玉県草加市)と共に制作、販売した。

 3日は町役場で贈呈式があり、橋本局長が松尾和彦町長に新商品を手渡した。

 橋本局長は「新型コロナウイルスの影響で出掛けづらい状況だが、春になったら多くの人がバッグを持って外に出てくれたら」と期待。松尾町長は「屋外で映える色合いと11ぴきのねこが、使う人を楽しい気分にさせてくれる」と話した。

 価格はデイパックが1万780円、ショルダーバッグ、ボディーバッグが4950円(いずれも税込み)。問い合わせは三戸郵便局=0179(22)2363へ。

お気に入り登録