【震災10年・地域と原子力】(2)越善靖夫東通村長

明確な原子力政策の方向性を示すよう国に求める越善靖夫村長 
明確な原子力政策の方向性を示すよう国に求める越善靖夫村長 
―東京電力福島第1原発事故以降、東通村を取り巻く環境はどう変化したか。 東北電力東通原発1号機の稼働停止、東電東通原発1号機の建設工事中断で村の経済は危機にひんしている。歳入など村の行財政計画も崩れ、財政破綻に追い込まれる可能性もあると認識.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録