【スピード長根ファイナル】佐々木(白山台中)日本中学新記録

レース直後、手を広げて喜ぶ佐々木海地=7日、YSアリーナ八戸
レース直後、手を広げて喜ぶ佐々木海地=7日、YSアリーナ八戸
男子1万メートルでは、佐々木海地(白山台中)が最後まで安定したラップを刻み、14分20秒10の日本中学新で3位入賞。2011年3月に小川拓朗(当時北海道・芽室中、現栃木県スポーツ協会)がカルガリーでマークした従来の記録を2秒近く更新した。「.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録