震災の教訓、風化させない 階上町消防団が津波防災パレード

沿岸部をパレードし、住民に日頃からの備えを呼び掛ける町消防団
沿岸部をパレードし、住民に日頃からの備えを呼び掛ける町消防団
階上町消防団(内城孝男団長)は7日、町内の沿岸部で津波防災パレードを行い、東日本大震災の教訓を風化させないために、防災の大切さを呼び掛けた。 震災翌年の2012年から毎年実施。 今年は、消防団員や町関係者約35人と車両10台が参加し、道仏公.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録