イノシシの捕獲、目撃急増/青森県南

牧場の草地を歩き回るイノシシの群れ=2020年11月下旬、新郷村上後藤地区(村提供)
牧場の草地を歩き回るイノシシの群れ=2020年11月下旬、新郷村上後藤地区(村提供)
長年、イノシシの“空白地帯”とされてきた青森県南地方で今冬、捕獲や目撃が急増している。捕獲数は2月末時点で田子町12頭、七戸町2頭と過去に例のない数に上り、新郷村でも住民から目撃情報が寄せられるなど、生息域が拡大している可能性を示す。個体数.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録