天鐘(3月7日)

増長する主君、苦悩する家臣。天下泰平の夢を前に2人はすれ違う。哀しみを胸に決起した明智光秀と、納得の最期を迎えた織田信長。先のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は、深い関係性ゆえの愛憎を描いた▼独自の解釈が話題となった。「本能寺の変」は戦国史の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録