上名久井諏訪神社神楽の春祈禱 地域安全と豊作祈る/南部町

お囃子(はやし)に合わせて獅子頭を操る舞手
お囃子(はやし)に合わせて獅子頭を操る舞手
南部町の上名久井地区周辺で2月28日、町無形民俗文化財に指定されている伝統芸能「上名久井諏訪神社神楽」の春祈(き)禱が行われた。集落の入り口に当たる4カ所を回り、舞手が獅子頭を操って地域の安全と豊作を祈願した。 例年の春祈禱では3日かけて集.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録