【震災10年】復興の象徴「走り続けて」 乗客守った三陸鉄道マン

 三陸鉄道の駅にたたずむ元運転士の森田修さん=1月、岩手県宮古市
 三陸鉄道の駅にたたずむ元運転士の森田修さん=1月、岩手県宮古市
東日本大震災の津波被害から立ち直った、岩手県沿岸部を走る「復興の象徴」三陸鉄道。地震の瞬間、走行中の列車を停止し乗客を守った元運転士森田修さん(56)は「いつまでも走り続けてほしい」と強く願う。自宅前を線路が通り、父も運転士。三鉄は自身にも.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録