【刻む記憶~東日本大震災10年】ガソリン不足、噂が混乱に拍車

震災直後、停電のため手動で給油をしていた=2011年3月12日、八戸燃料城下サービスステーション
震災直後、停電のため手動で給油をしていた=2011年3月12日、八戸燃料城下サービスステーション
災害時に市民の命を守る情報。インターネットの普及により情報を得る手段は多様化し、便利な半面、活用方法を間違えると社会に大きな混乱をもたらす。東日本大震災で市民生活に影響を与えたのは、津波による直接的な被害ばかりではなかった。「ガソリンが不足.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録