【震災10年】原子力災害時の段階的避難 住民の冷静な行動を不安視

30キロ圏外への避難を想定して訓練に臨む東通村民ら=2020年11月、同村
30キロ圏外への避難を想定して訓練に臨む東通村民ら=2020年11月、同村
未曽有の被害をもたらした東京電力福島第1原発事故から間もなく10年。原子力災害時の対策重点区域は事故後に見直され、原発は半径30キロ、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)は半径5キロに拡大した。これに伴い、避難住民は原子力施設との距離や放射.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録