【新型コロナ】青森県内初の変異株 起源不明タイプ「広がりない」

青森県は5日、県内で初めてとなる新型コロナウイルスの変異株が確認されたと発表した。1月に県内で発生したクラスター(感染者集団)関連の感染者で、国立感染症研究所(東京)の遺伝子解析で今月2日に判明。確認された変異株は、感染力の強い英国由来など.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録