宿泊療養者の約3割に後遺症/青森県議会一般質問

青森県議会は4日、一般質問を続行し、4議員が登壇した。県内で新型コロナウイルス感染を確認した患者の後遺症について、陽性者のうち宿泊療養施設に入所した人に関し、有賀玲子健康福祉部長は「2月24日までに退所した268人のうち、28・7%にあたる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録