【ホンダ自動運転車発売】官民連携で一番乗り 大競争時代本格化へ

 自動運転を巡る各国の状況
 自動運転を巡る各国の状況
人間に代わりシステムが主体となる自動運転「レベル3」対応車の市販で、日本が一番乗りを果たした。国の法整備を土台にホンダが量産化を実現、官民連携で世界の主導権確保を狙う。対する米国や中国は試験的な無人走行やサービスで先行し、自動運転社会の到来.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録