【引き渡し後の津波犠牲】保護者との話し合い不可欠

 2011年3月11日、地震直後に園庭に集まる山田町第一保育所の園児ら=岩手県山田町(同所提供)
 2011年3月11日、地震直後に園庭に集まる山田町第一保育所の園児ら=岩手県山田町(同所提供)
東日本大震災では、保育園・幼稚園や学校からほかの子どもと一緒に避難すれば助かったのに、迎えに来た保護者に返して津波の犠牲になった子どもが多い。保護者が求めれば引き渡しを拒むのは難しく、識者は「平時から話し合うことが不可欠」と指摘する。 「行.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録