【震災10年】保護者に引き渡し後、津波犠牲96人

 岩手、宮城、福島3県で保護者に引き渡し後、犠牲となったことが判明した園児・児童・生徒数
 岩手、宮城、福島3県で保護者に引き渡し後、犠牲となったことが判明した園児・児童・生徒数
2011年の東日本大震災で、地震を受けて保育園・幼稚園から保護者に引き渡された後、津波で犠牲になった園児が岩手、宮城、福島3県で少なくとも96人に上ることが4日、共同通信の調査で分かった。園に残った子どもは集団避難で無事だった施設が多い。国.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録