高齢者、奪われた投票権 コロナ禍、施設側も手探り

 富山県内の特養で知事選の不在者投票をする入所者=2020年10月(画像の一部を加工しています、同施設提供)
 富山県内の特養で知事選の不在者投票をする入所者=2020年10月(画像の一部を加工しています、同施設提供)
新型コロナウイルスの感染拡大は、施設で暮らす高齢者の投票行動にも影を落としている。外出自粛を求められる一方、郵便投票も認められず、結果的に「国民の基本的な権利」(識者)を奪われている入所者もいる。具体的な指針が示されない中で施設側も手探り。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録