コロナ下、遠隔での工事現場確認進む 非接触や時間短縮が利点

現場確認の効率化と新型コロナウイルス感染症対策が図られる「遠隔臨場」について学ぶセミナー=2月25日、十和田市
現場確認の効率化と新型コロナウイルス感染症対策が図られる「遠隔臨場」について学ぶセミナー=2月25日、十和田市
ウエアラブルカメラなどのモバイル端末を活用し、現場に出向かず映像や音声で工事の確認などを行う「遠隔臨場」が、国の工事で試行されている。青森県でも国の方針に基づいた試行要領を定めており、上北地域県民局管内では6月までに15件程度が予定されるな.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録