【震災10年】浸水エリア 従来より拡大/日本海溝地震津波想定、防災拠点見直しの可能性

青森県は3月中に、日本海溝・千島海溝沿いを震源とする巨大地震モデルを踏まえた津波浸水想定を公表する。太平洋沿岸のほとんどの自治体で浸水エリアが従来より拡大する見通し。関係市町村は県の新たな想定を基に、現行の津波避難計画の見直しや津波ハザード.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録