新年度早期に新たな経済対策/八戸市議会一般質問

八戸市議会は3日、一般質問に入り、5会派の各代表者が登壇した。小林眞市長は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で疲弊した地域経済の回復に向け、新たな経済対策を打ち出し、2021年度の早い段階で予算措置する考えを明らかにした。 市議会では現在、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録