熟練ハンターの技伝授へ 国が若手育成に本腰

 研修会で捕獲されたイノシシ=2月、新潟県上越市(新潟県猟友会提供)
 研修会で捕獲されたイノシシ=2月、新潟県上越市(新潟県猟友会提供)
シカやイノシシなど野生鳥獣による農作物や生態系への被害が深刻化していることを受け、環境省は若手ハンターの育成に、2021年度から本腰を入れる。経験豊富なベテランが指導役として狩りの現場に同行し、知識や技術を伝授する制度を数カ所で試行。23年.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録