【5歳衰弱死で母親逮捕】知人女への「妄信的信頼」解明が鍵

 福岡の5歳児衰弱死事件の構図
 福岡の5歳児衰弱死事件の構図
福岡県篠栗町で5歳だった男児を衰弱死させたとして、母親の碇利恵容疑者(39)と知人の赤堀恵美子容疑者(48)が逮捕された事件では、赤堀容疑者が生活費を詐取し続けた上、食事量まで制限するなど異様な関係が浮かび上がった。赤堀容疑者のうそを信じ、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録