西目屋村官製談合 弘前の業者の男に懲役1年求刑

西目屋村が発注した除雪用重機購入の指名競争入札を巡る官製談合事件で、公契約関係競売入札妨害の罪に問われた建設機械販売などを手掛ける「小山内重整備」(弘前市)の元役員小山内崇雅被告(48)の初公判が2日、青森地裁(寺尾亮裁判官)であった。小山.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録