Free「ひとりで悩まず相談して」ステッカー作戦で自殺予防/十和田

自殺予防ステッカーを作製した自殺予防対策部会の田中淳一部会長
自殺予防ステッカーを作製した自殺予防対策部会の田中淳一部会長

官民一体で安全・安心な地域づくりに取り組む「十和田市セーフコミュニティ」の自殺予防対策部会(田中淳一部会長)などは本年度、自殺予防ステッカーを作製した。悩みを抱える人に対し、専門窓口への相談を呼び掛ける内容で、多くの市民の目に留まるよう、公共施設や事業所などのトイレ約260カ所に順次、張り付ける。

 市セーフコミュニティは、事故防止、防災、高齢者の安全など八つの対策部会で構成。新たに本年度から、一つの課題に対し、垣根を越えた重点的な活動を展開しており、まずは自殺予防をテーマにした。

 ステッカーには、心の病の兆候や、市保健センターの電話番号などを記載、悩みを相談するよう呼び掛けている。

 2月25日は田中部会長と市民団体「とわだセーフコミュニティをみんなですすめ隊」の蛯沢達彦隊長らが市役所を訪れ、小山田久市長にステッカーの完成を報告した。

 田中部会長は「横の連携を生かして取り組んだ。心の相談窓口があることを広く市民に知ってほしい」と話していた。

お気に入り登録