「タッコーラ」開発・販売のエピソード披露 田子小で出前授業

児童に「ジャッツ タッコーラ」の開発経緯などを説明する佐藤恵子課長(右)
児童に「ジャッツ タッコーラ」の開発経緯などを説明する佐藤恵子課長(右)
田子町ガーリックセンターが企画したニンニクパウダー入り炭酸飲料「ジャッツ タッコーラ」が、累計販売数30万本を達成したのに合わせ、同センターを運営する町にんにく国際交流協会(代表理事・原昌德副町長)は2月25日、町立田子小で出前授業を行った.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録