【32年夏季五輪選定】招致新方式、透明性疑問視も

 2032年夏季五輪・パラリンピックの最優先候補地としてブリスベンが選定され、記者会見するIOCのコーツ調整委員長(右)=2月25日、ブリスベン(AP=共同)
 2032年夏季五輪・パラリンピックの最優先候補地としてブリスベンが選定され、記者会見するIOCのコーツ調整委員長(右)=2月25日、ブリスベン(AP=共同)
国際オリンピック委員会(IOC)の理事会は2月下旬、2032年夏季五輪・パラリンピックの最優先候補地にオーストラリア東部のブリスベンを選んだ。IOCは19年に選定の仕組みを大幅に改革し、決定は原則7年前とした規定を撤廃。招致熱が冷え込む中で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録