ソマリア沖での警戒監視終え帰国/海自第2航空群

八戸市の海上自衛隊第2航空群(降旗琢丸群司令)を中心に編成した派遣部隊の約60人が1日、アフリカ東部のソマリア沖での海賊対処の任務を終え、海自八戸航空基地に帰国した。 同航空群の派遣は14度目。ジブチを拠点にP3C哨戒機を使って、アデン湾の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録