時評(3月1日)

岩手県北地方の縫製業者は、高い技術力を武器に有名ブランドの受注生産などを数多く手掛け、長年にわたり日本のアパレル業界を支えてきた。しかし、新型コロナウイルスの影響で昨年から受注が激減し、苦境に立たされている。 背景には、緊急事態宣言の発令に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録