【刻む記憶~東日本大震災10年】階上漁協女性部 新商品開発、海の魅力発信

「階上の元気は海から」。揺るがない信条を胸に仕事に励む荒谷恵子さん=2月中旬、階上町 
「階上の元気は海から」。揺るがない信条を胸に仕事に励む荒谷恵子さん=2月中旬、階上町 
「いらっしゃい、ゆっくり見ていって」。階上町の「はしかみハマの駅あるでぃ~ば」。新鮮な魚介類が並ぶ店内で、階上漁協女性部長の荒谷恵子さん(73)が声を響かせていた。同施設がある大蛇地区は、東日本大震災で漁港や加工施設が損壊した町内最大の被災.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録