久慈工高生が自作した非接触型体温計 久慈市に寄贈

高校生が製作した体温計で測定する遠藤譲一市長(右)
高校生が製作した体温計で測定する遠藤譲一市長(右)
岩手県立久慈工業高(日當仁己校長)の工学研究部は22日、学校で学んだ技術を活用して製作した非接触型体温計10台を久慈市に寄贈した。新型コロナウイルス感染症予防に役立ててもらう考えだ。 製作は同部の1、2年生6人が担当。ロボットコンテストの出.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録