官民で全体像描けるか/八戸・八日町再整備構想に期待高まる

再整備構想が浮上している八日町・番町エリア。民間と行政が一体となって再整備の全体像を描けるかが今後の焦点となりそうだ=26日、八戸市八日町
再整備構想が浮上している八日町・番町エリア。民間と行政が一体となって再整備の全体像を描けるかが今後の焦点となりそうだ=26日、八戸市八日町
八戸市中心街の八日町・番町エリアで浮上した民間主導の再整備構想を巡り、地元関係者が新たな動きを注視している。11月に開館する新たな市美術館と連動したにぎわい創出に期待感が高まり、中心街経済の再生に向けた好機と捉える声が多い。4月からはエリア.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録