【緊急事態6府県解除へ】誤算の首相、見切り発車

 10万人当たり感染者数の推移
 10万人当たり感染者数の推移
新型コロナウイルス緊急事態宣言を巡り関西圏など6府県の前倒し解除が決まる一方、首都圏は見送りとなった。月内の全面解除が念頭にあった菅義偉首相にとって、東京都などの感染者数減少鈍化や病床使用率高止まりは「大きな誤算」(官邸筋)。6府県の解除に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録