高橋氏(共産)が「ゴミ押し付け再稼働は身勝手」と関電批判/衆院予算委

共産党の高橋千鶴子衆院議員は26日、衆院予算委員会分科会で質問に立ち、使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)の共用案に前向きな姿勢を示す関西電力について「他県にゴミを押し付けて再稼働することは身勝手過ぎる」と批判した。 関電は、原発の立地する.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録