RFSが設工認申請 新規制基準合格後は初

むつ市で使用済み核燃料中間貯蔵施設を運営するリサイクル燃料貯蔵(RFS)は26日、安全対策工事の詳細設計の認可(設工認)の変更申請を原子力規制委員会へ提出した。これに伴い、2016年3月の申請は取り下げる。設工認申請は昨年11月、新規制基準.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録