【プルトニウム利用計画】核燃サイクルなお“いばらの道”

電気事業連合会が26日にも公表する新たなプルトニウム利用計画。電力各社の年間利用目安量を合計すると約7・1~7・7トンとなり、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)がフル稼働した際の製造量(約6・6トン)を上回る。ただ、各原発の状況を見ると、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録