時評(2月25日)

菅義偉政権の新型コロナウイルス対策の本気度を疑わせる与党議員の不祥事が相次いでいる。自民党の松本純元国家公安委員長や公明党の遠山清彦幹事長代理ら計5人の衆院議員が、緊急事態宣言発令中の夜に東京都内のクラブに出入りしていたことが明るみに出た。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録