近く電力大手と対策協開催 エネ庁長官、関電の中間貯蔵報告受け

資源エネルギー庁の保坂伸長官(右手前)と会談する森本孝社長(左同)=24日、経済産業省
資源エネルギー庁の保坂伸長官(右手前)と会談する森本孝社長(左同)=24日、経済産業省
使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)の共用案に前向きな姿勢を示す関西電力の森本孝社長は24日、経済産業省で保坂伸資源エネルギー庁長官と会談した。原発が立地する福井県以外での中間貯蔵候補地を2023年末までに確定すると説明したのに対し、保坂氏.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録