青森県経営者協会が春闘方針 コロナ踏まえ各社判断

青森県経営者協会(七尾嘉信会長)は24日、青森市で理事会を開き、2021年春季労使交渉(春闘)について、経営者側の基本方針を決めた。賃上げに関し、新型コロナウイルスの影響で県内企業の業績が悪化していることを踏まえ、「労使間でコロナの影響や業.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録