伊保内高で「むらおこし会社」設立総会 九戸村活性化へ事業展開

伊高むらおこし会社の始動に向けて意気込む岩手県立伊保内高の生徒=24日、九戸村
伊高むらおこし会社の始動に向けて意気込む岩手県立伊保内高の生徒=24日、九戸村
岩手県立伊保内高で24日、生徒が実質的な経営を担う任意団体「伊高むらおこし会社」の設立総会が開かれた。全校生徒が“社員”となり、九戸村の活性化に向けて収益性や持続性のある事業の展開を目指す。 起業家精神やビジネスのノウハウを学んでもらうとと.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録