八戸圏域連携中枢会議、新年度は2事業を追加

八戸市は24日、近隣7町村と形成する「八戸圏域連携中枢都市圏」の連携事業に、児童虐待防止対策とスキー場活用促進の2事業を追加する方針を明らかにした。2021年度の事業数は80事業となる。 児童虐待防止対策事業では、市総合保健センターを活用し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録