【21予算をみる 青森県】(下)医療福祉

高齢化が進行する中、認知症患者らの支援充実が急務となっている(写真はイメージ)
高齢化が進行する中、認知症患者らの支援充実が急務となっている(写真はイメージ)
全国的に高齢化が進行する中、青森県では団塊世代が75歳以上となる2025年に高齢化率が35・8%に達し、認知症患者は県の推計値で約8万3千人となる見通しだ。65歳以上の5人に1人が認知症を発症する計算。県は21年度、高齢者支援体制の拡充に向.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら