【震災10年 復興の歩み】(4)おいらせ町 明神山防災タワーを建設

2015年12月に完成した緊急避難施設の明神山防災タワー。避難室床面は高さ約10メートルで134人を収容できる=おいらせ町松原1丁目
2015年12月に完成した緊急避難施設の明神山防災タワー。避難室床面は高さ約10メートルで134人を収容できる=おいらせ町松原1丁目
東日本大震災で住家78棟が全半壊したおいらせ町。押し寄せた津波によって漁船の流出や農業用ハウスの冠水、養豚施設の豚舎全壊など農林水産業も大きな被害を受けた。佐々木幹夫八戸工業大名誉教授の調査によると、町内の津波の高さは最大8・8メートル。被.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録