時評(2月24日)

米上院のトランプ前大統領の弾劾裁判が終わり、発足1カ月のバイデン政権にとって山積する課題に本格的に取り組む環境が整うことになった。 裁判で無罪となったトランプ氏は今後も米政治へ関与していく構えだが、民主主義の根幹である選挙結果をひっくり返そ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録