地元保育園の給食に「八戸毬姫牛」

生産者の市川広也さん(左)が見守る中、給食の牛丼を頰張る園児
生産者の市川広也さん(左)が見守る中、給食の牛丼を頰張る園児
八戸市市川町の轟木保育園(田頭順子園長)は18日、地元のイチカワファームが肥育する自社ブランド牛「八戸毬姫牛(まりひめうし)」を給食で初めて提供し、園児116人が特製の牛丼を味わった。 同園の園児は昨年度、同社で牛の餌やりを体験。本年度は新.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら